HOME > 仏壇の飾り方 > 真言宗

真言宗

ご本尊 大日如来
お脇掛 ・右/弘法大師空海
・ 左/不動明王
総本山 真言宗には多くの宗派があります。
・高野山真言宗  高野山金剛峯寺 (こうやさんこんごうぶじ) 和歌山県
・醍醐派  深雪山醍醐寺 (みくささんだいごじ) 京都市
・真言律宗  西大寺 (さいだいじ) 奈良市
・東寺真言宗  教王護国寺 (きょうおうごこくじ) 京都市
・大覚寺派  嵯峨山大覚寺 (さがさんだいかくじ) 京都市
・御室派  大内山仁和寺 (おおうちさんにんなじ) 京都市
・泉涌寺派  東山泉涌寺 (ひがしやませんにゅうじ )京都市
・善通寺派  五岳山善通寺( ごがくさんぜんつうじ) 香川県
お唱えする言葉 南無大師遍照金剛 なむたいしへんじょうこんごう
よく読まれる経典 ・大日経 だいにちきょう
・金剛頂経 こんごうちょうきょう
・理趣経 りしゅきょう
・般若心経 はんにゃしんきょう

歴史

真言宗は、空海(774〜835)によって平安期に開創されました。唐に留学した空海は、恵果和尚により密教のすべての教えを授かり帰国しました。この教えを「真言宗」と名づけ、真言宗布教につとめました。空海が高野山金剛峯寺において62年の生涯を閉じた後も、真言宗は、空海の霊廟がおかれる高野山金剛峰寺を本山とする高野山真言宗のほか、多くの派に分かれながらも発展してきました。

 

教え

真言とは仏の真の言葉を言います。真言宗は、仏の言葉を心と体で体得し即身成仏を説く教えです。すべての仏教は欲望を断つことを説いていますが、煩悩即菩薩、現実の世に仏になることを教えています。

Copyright(C)2019 SERABUTSUDAN All rlight reserved.